学校概要
入学・コース案内
授業内容
サポート情報
フォトギャラリー
卒業後の進路
アクセスマップ
よくある質問
 




 新型コロナウイルス感染症は、世界的に収束に向けた見通しは立っておりません。
長年日本語学校を経営していく中で数々の危機を経験して参りましたが、未知の病である今回の新型コロナほど対処しがたいものはありませんでした。
 大学生の2割が退学を考えていると言われておりますが、親と離れて暮らす留学生はさらに大きな不安を抱えております。
 また、今年4月の入学生から現在まで留学生は全員が入国できておりません。事態が収まり、一日も早く海外からの渡航が出来るようになることを願っております。
 留学生達と教職員全員を守るのが私の使命だと考え、マスク不足に対して何か方法がないかと教職員一丸となって智恵を絞った末、辿りついたのが布で作った『おしゃれマスク』です。このマスクを留学生と教職員全員に定期的に支給する他、一部を販売し、その売上で学生を支援しております。
 『おしゃれマスク』で人々の気持ちも明るくなることを祈ります。



大阪外語学院
理事長 阪本 晃子

■熊本県へ寄付


7月、集中豪雨で熊本県南部が被災しました。コロナ禍でダブルの被害を受けている熊本県へ「おしゃれマスク」を3000枚寄付いたしました。





■インドネシアへ寄付


コロナ感染拡大に懸念広がるインドネシアへ「おしゃれマスク」を3000枚寄付いたしました。
在大阪インドネシア共和国総領事より感謝状を頂きました。
















 
 
日本語 English 中国語 韓国語 E-mail